100%リサイクルのプリフォーム

100% RECYCLED PREFORMS

ページ内リンク

ユウアイはお客様に
寄り添った

ご提案・ご提供
させていただきます。

  • 100%リサイクルプリフォーム
    100%リサイクルの
    プリフォーム
  • 100%リサイクルプリフォーム
    無菌梱包発送のため
    半年間は無菌状態が
    保たれます
  • 100%リサイクルプリフォーム
    充填機械・ブロー
    成形機の取り扱いも
    しております
  • 100%リサイクルプリフォーム04
  • 100%リサイクルプリフォーム05
  • 100%リサイクルプリフォーム06
海外の提携工場より直接仕入れているため、中間費用等がかかりません。

プリフォームについて

プリフォームとは

膨らます前のPETボトルの原型の材料で、原材料となるPET樹脂のペレットを加熱・溶解させて金型に高温高圧で噴射充填し、冷却して成形された試験管のような容器です。

プリフォーム

ボトル to ボトル(BtoB)とは

食品用(※)の使用済みPETボトルを原料化(リサイクル)し、新たな食品用PETボトルに再利用することです。
※…食品用とはPETボトルのリサイクルに支障のない内容物(飲料・特定調味料など)が充填された場合を指します。

日本で実用化されているボトルtoボトルには
ケミカルリサイクル(化学的再生法)とメカニカルリサイクル(物理的再生法)があります。

ケミカルリサイクル(化学的再生法)

プリフォーム

化学分解により、中間原料に戻した上で再重合する方法。

回収された使用済みPETボトルを選別、粉砕、洗浄して異物を取り除いた後に解重合を行い、エチレングリコール(EG)を加え、樹脂製造時の中間原料であるビス-2-ヒドロキシエチルテレフタレート(BHET)にまで戻し精製した後、PET樹脂に再重合する。

解重合/再重合の間に異物、異種材質が取り除かれ、バージン樹脂と同等に品質の高いPET樹脂に再生できる。

メカニカルリサイクル(物理的再生法)

プリフォーム

回収された使用済みPETボトルを選別、粉砕、洗浄して表面の汚れ、異物を十分に取り除いた後に高温化に曝して、樹脂内部に留まっている汚染物質を拡散させて除染を行う。

欧米では飲料食品用途に再生する装置・工程を米国FDA(食品医薬品局)等による安全衛生性の承認を受けて実用化されており、今後も新たな方法が開発される可能性がある。

大掛かりな分解設備や重合設備を使用しないため、製造コストや環境負荷が少ない。

成形工程


プリフォーム成形工程

ユウアイでは、製造コストや環境負荷の少ないメカニカルリサイクル(物理的再生法)のプリフォームを取り扱っております。

プリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォームプリフォーム

PETボトル成形工程

  • 100%リサイクルプリフォーム
    ①プリフォーム加熱後、金型にセットする
  • 100%リサイクルプリフォーム
    ②エアーを注入しボトルの形状へ成形する
  • 100%リサイクルプリフォーム
    ③金型を開きボトルが出てきて完成

PETボトル充填機の取り扱いもしておりますので、リサイクルプリフォームのセット販売や充填機のみの販売も致しております。

リサイクルプリフォームの規格・サイズ等ご紹介


PCO1810シリーズ

清涼飲料水用として最も流通をしているシリーズです。

非耐熱

炭酸・微炭酸・無炭酸用それぞれラインナップしております。

準耐熱

耐熱温度は85℃まで、ネックフィニッシュは透明な強化型プリフォームです。

耐熱

耐熱温度は90℃まで、ネックフィニッシュはクリスタライズ(白化)されたプリフォームです。

【プリフォーム】PCO1810ネックフィニッシュ規格寸法

PCO1810ネックフィニッシュ規格寸法 ※表示寸法には公差を記載しておりません。

【プリフォーム】PCO1810とPCO1811ネック部比較

PCO1811シリーズ

北米、アジア地域で清涼飲料水用ボトルとして最も流通している規格です。
PCO1810シリーズに比べ軽量化されているため、資材コスト削減に最適です。

非耐熱

炭酸・微炭酸・無炭酸用それぞれラインナップしております。

準耐熱

耐熱温度は85℃まで、ネックフィニッシュは透明な強化型プリフォームです。

【プリフォーム】PCO1811ネックフィニッシュ規格寸法

PCO1811ネックフィニッシュ規格寸法 ※表示寸法には公差を記載しておりません。