充填機の設備導入はお任せ!充填機に求められるものやコストについて 初期費用を抑えて低コストで設備導入を実現するなら

充填機は、液体や粉末状の製品を製造する多くの企業や工場にとって必要不可欠な機械といえます。充填機があればボトルや瓶、缶、パックなどに製品の量を測って充填する作業が自動化でき、衛生面で飛躍的な品質向上が見込まれると同時に作業効率も飛躍的に高まります。

充填機の導入にはまとまった初期費用がかかることから、導入をためらっている企業もあると思います。しかし、低コストで使用できる充填機もあるので、ぜひ設備導入を検討してみましょう。

充填機に求められるものは?

What is required of a filling machine

充填機とは、容器に内容物を詰めるために使う専用の機械のことを指します。充填という言葉は一般にはなじみの薄いものですが、製造業界では充填の工程が欠かせません。

液体や粉末状の製品の多くは、なんらかの方法でパック詰めしてから販売することになります。液体の食品であれば、PETボトル、ガラス瓶、缶、紙パック、パウチなどに、粉末の食品であれば、袋やガラス瓶などに充填することでしょう。充填機は化粧品業界や製薬業界でも活躍しています。さらに液体洗剤や除菌剤を作る過程など、容器にパッキングをして販売されているアイテムは無数にあります。いずれのシーンにおいても、製品を自動的にパッキングするときには何らかの充填機を使用するのが一般的です。

一般的に、何らかの方法で内容量を自動で測って充填できるタイプの充填機が導入されています。すべての工程が自動化されている充填機だけでなく、ある程度手動での作業が必要な充填機を使っている工場も少なくありません。高性能な充填機は、PETボトルの容器を作り、洗浄殺菌し、充填して、キャップを閉め、ラベルを貼るところまですべて自動で行うことができます。全自動の充填機は人の手が触れないため、衛生面で非常に優れています。

有限会社ユウアイでは、設備導入をご希望のお客様のもとに直接訪問し、ご要望にマッチする充填機をご紹介させていただきます。設備導入に関してフレキシブルに対応させていただきますので、ぜひご要望をお聞かせください。

充填機のイニシャルコスト・ランニングコストは?

the initial cost

充填機を使用した事業を計画するにあたり、最も重要な検討事項は、イニシャルコストでしょう。充填機を導入すれば将来的には製造コストのコストダウンが期待できますが、設備のイニシャルコストがあまりに高額なため、導入に踏み切れないという企業もあるかもしれません。

一般的に、充填機は新品で購入した場合には周辺設備も含めて、数千万円から数億円の費用が必要です。単純な作業のできる小型充填機であっても数百万円台、オートメーション化された高性能な大型充填機なら10数億円程度の予算が必要となります。

充填機を導入したあとには、省エネ対策をしていてもある程度まとまった電気代がかかるという点も押さえておきたいものです。もちろん、定期メンテナンス費用や修理費用、清掃費用といったランニングコストも意識しておくことが大切です。

充填機の初期費用が気になり、設備を購入せずにリースを利用する企業もあります。充填設備の一般的な寿命は20年程度ですが、年々高機能化、高速化が図られているため、常に新型機器を検討するのであれば、リースの利用は有効です。

新型機械はそれだけ低燃費化が図られており光熱費を低く抑えることはできますが、部品は高価になるため、修理費は高額になります。高価な機械であればリース代も莫大となるため、一時的な支払いは少なくても、最終的なトータルの費用は、購入よりも高額になります。

これら様々な要因を検討し、どのようなプランが最も低コストになるのかを慎重に検討しなくてはいけません。

コストバランスに優れた充填機をお探しなら有限会社ユウアイにお問い合わせください。他社と比べても圧倒的に低い初期費用で、高性能な充填機の設備導入をお手伝いさせていただきます。

充填機の設備導入をお考えなら初期費用を抑えて低コストでの導入をサポートする有限会社ユウアイへ

高性能な充填機を導入すれば人の手で行う作業を減らすことができるので、工場の作業効率は飛躍的に高まります。もちろん、充填を機械で行うことができれば衛生面の心配も減りますし、より効率的に多くの製品を製造できるという利点もあります。保健所では、洗瓶、充填から打栓までを人の手を介さないで行うことを推奨しており、新しい工場では営業許可の条件となりつつあります。

工場の効率化や高い衛生管理を実現するためにも、ぜひ高性能な充填機の導入をご検討ください。

有限会社ユウアイでは、製造する製品や企業のスタイルに合わせた最適な充填機の設備導入をご提案しています。初期費用を抑えて低コストで設備導入できる充填機をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

コラム一覧

  1. 充填機の設備導入はお任せ!充填機に求められるものやコストについて 初期費用を抑えて低コストで設備導入を実現するなら
  2. 充填機など設備導入のコンサルを行う有限会社ユウアイ 充填機の選び方5つのポイント 設備導入の相談からメンテナンスまで対応!
  3. ボトリングシステムについてと導入までの流れ 小型ラインから大型ラインまで対応可能な有限会社ユウアイ!価格の相談はお気軽に
  4. ボトリングシステムを提供する有限会社ユウアイの思いや技術 高粘度の液体充填・小ロット生産など様々なご希望に応える有限会社ユウアイ
  5. 水処理ラインのシステム導入費用や除菌フィルターが安い!フィルターハウジングの必要性や種類
  6. 水処理ラインなど設備導入の悩みは有限会社ユウアイへ相談!設備のご提案から除菌フィルターなど設備に伴う商品販売まで対応 多様な種類の機械を即日提供
  7. 液体充填機の導入で得られるメリット 小型から大型までご用意!作業工程を自動化することで効率化を実現
  8. 液体充填機による衛生管理と有限会社ユウアイによくいただく質問 ペットボトル・紙パック・パウチの定量充填機導入をお考えなら
  9. サニタリー配管は食品衛生管理において重要 安い費用で導入するなら!電解研磨済みSUS304・SUS316Lなどのサニタリー配管を扱う有限会社ユウアイへ
  10. サニタリー配管に用いられる「ヘルール」の意味やメリット 部材の特注製造も可能!在庫もご用意しています

充填機の設備導入をお考えなら、低コストでの導入を実現する有限会社ユウアイにご相談ください!

会社名 有限会社 ユウアイ
代表取締役 米堂 一征
設立 1996年6月
住所 〒099-0622 北海道紋別郡遠軽町生田原安国245−14
TEL 0158-46-2550
FAX 050-3730-2959
URL https://yuaiinc.co.jp/
電話受付時間 9:00~17:00(月~金)
事業内容 充填設備、パッキング設備、包装設備の開発・製造・輸出入・販売・施工・メンテナンス資材の開発・製造・輸出入・販売