サニタリー配管継手の特徴とは?交換・工事方法も解説!

衛生面が重要視されるサニタリー配管継手では、医療現場などに使用されているステンレスが使われています。スタイリッシュで高級感があるステンレスは、衛生面でも高く評価されている素材なのです。

サビにくく汚れが落ちやすいので、手入れが簡単だということも大きなメリットです。こちらでは、ステンレスの特徴とメリット、サニタリー配管継手の交換や工事について解説していきます。

サニタリー配管継手に使われるステンレスの特徴

金属の光沢があるサニタリー配管

サニタリー配管継手には、ステンレスが使われています。ステンレスとはどのようなものなのか、特徴を解説します。

金属の光沢が見られ、スタイリッシュで高級感があります。熱に強く汚れがつきにくいうえに、サビにくく手入れが簡単なため、医療用の器具などにもよく使われています。医療現場の他、工場などでも重宝されています。

有限会社ユウアイでは、充填機の販売やメンテナンスを行っています。飲料製造の設備の導入を検討している場合は、ぜひ有限会社ユウアイにご相談ください。

サニタリー配管継手にステンレスが最適な理由とメリット

ステンレスのサニタリー配管継手

サニタリー配管継手にはなぜステンレスが最適だといわれているのか、理由を解説します。ステンレスを使うメリットについても見てみましょう。

サニタリー配管は衛生的でなければなりません。安定した高い品質が求められ、耐久性と衛生性が高いステンレスが使われています。

  • 汚れがつきにくい
  • 汚れを落としやすい
  • サビにくい
  • 耐熱性・耐久性に優れている

上記がステンレスを使用するメリットです。

サニタリー配管継手の交換と工事方法

サニタリー配管継手はヘルールが使われ、交換の際には工具を使わずに簡単に取り外しができることが魅力です。

工事では、バックシールド溶接という外から中をきれいに溶接する技術が用いられます。バックシールド溶接により酸化を防ぎ、内部へのダレを防ぐことが可能です。アルゴンガスを一定圧で注入しながら溶接します。

サニタリー配管の切断は、真っすぐ切れるように専用工具を使います。施工後は、メッシュを設置して、ごみなどの発生を経過観察します。

取り外して工事を行うために、サニタリー配管継手は軽量化が図られています。また、内側に段差や溝ができると、汚れや液が溜まってしまいます。汚れが残ることは製品にも影響が出てしまうので、サニタリー配管継手は極力段差や溝などができない構造になっているのです。

サニタリー配管継手の特徴とは?交換・工事方法も知っておこう

サニタリー配管にも使われるステンレスは、医療現場や工場でも重宝される衛生的で優れた素材です。サニタリー配管継手や、交換や工事の方法についても確認しておきましょう。

有限会社ユウアイでは、充填ラインや水処理ラインを構成するサニタリー配管も取り扱っています。サニタリー配管や部材にも対応が可能ですので、サニタリー配管に関するお悩みやご相談は、ぜひ有限会社ユウアイにお問い合わせください。

サニタリー配管継手の導入をお考えの方は有限会社ユウアイまで

会社名 有限会社 ユウアイ
代表取締役 米堂 一征
設立 1996年6月
住所 〒099-0622 北海道紋別郡遠軽町生田原安国245−14
TEL 0158-46-2550
FAX 050-3730-2959
URL https://yuaiinc.co.jp/
電話受付時間 9:00~17:00(月~金)
事業内容 充填設備、パッキング設備、包装設備の開発・製造・輸出入・販売・施工・メンテナンス資材の開発・製造・輸出入・販売