飲料水の充填機を販売!炭酸飲料も充填可能!紙パック素材の特性を解説

飲料用の充填機は、ペットボトルやアルミ缶、ガラス瓶に対応しています。環境やエコに注目する企業が増えてきて、飲料の容器を紙パックに変更する動きが出てきています。有限会社ユウアイが容器ごとのメリットとデメリット、紙パック素材の特徴、紙パック用の充填機について解説していきます。

容器ごとのメリットとデメリット

炭酸飲料と充填機

飲料用充填機は、ペットボトルの他に、アルミ缶やガラス瓶にも対応が可能です。容器ごとのメリットやデメリットを解説します。

ペットボトル

ペットボトルには、ポリエチレンテレフタレート(PET)という素材が使用されています。耐熱性や耐寒性に優れており、強度もあります。従来のペットボトルは耐熱性が約50℃、アルコール濃度は20%が限界とされていました。しかし現在は、耐熱温度が95℃までのものがあり、アルコール度数も、ウイスキーに耐えられるものがあります。

アルミ缶

軽くて強度が高いので、コスパのよい素材です。リサイクル性が高いので環境にも優しく、飲料の容器に向いているでしょう。

ガラス瓶

保存性が高いことが特徴です。フタをして密閉すれば劣化やニオイ移りが防げ、長期間保存する容器として適しています。ただし、衝撃によって割れることもあり、持ち歩きには不便です。生産者や販売者、流通業者にとって、重たいというデメリットもあります。

上記が素材ごとのメリットとデメリットです。飲料用充填機では、様々な飲料の充填が可能で、お茶や飲料水、果汁などの他に炭酸飲料も充填できます。充填機によって、充填が可能な飲料の種類は異なるので、注意が必要です。

有限会社ユウアイでは、リーズナブルな価格で導入でき、省エネ対策もできる充填機をご紹介しています。充填機の導入を検討している場合には、ぜひ有限会社ユウアイにご相談ください。

紙パック素材のメリットとデメリット

無地の紙パック

飲料用の容器は缶やペットボトルなどの他に、紙パックがあります。紙パック素材を使用すると、どのようなメリットとデメリットがあるのかを解説していきます。

メリット:衛生的

容器に直接口をつけて飲みにくく、一度開封すると持ち歩きにくい形状なので、衛生的で雑菌が繁殖しにくいという特徴があります。

メリット:低コスト

アルミ缶やペットボトル、ガラス瓶などと比べて製造コストが少なくて済みます。また、軽くて折りたたんで重ねられることから、輸送コストも抑えられます。

デメリット:中身が見えない

紙パックには透明性がなく、中の飲料が見えません。見えないので、残量は重さから推測することになるでしょう。また、珍しい飲料の場合にはパッケージに写真がなければ、どのような色の飲料なのかがわかりません。

デメリット:炭酸飲料には使用できない

炭酸を充填するためには、圧力をかける必要があります。紙パックはその圧力に耐えられるだけの強度がないので、変形や破裂する可能性があります。

有限会社ユウアイの充填機は紙パックにも対応!

環境やエコに関する取り組みが多くの企業に広がっている現在では、飲料の容器をペットボトルやアルミ缶から紙パックに替える傾向にあります。そのため、紙パック用の充填機に関するお問い合わせが増加しているようです。

有限会社ユウアイでは、無菌紙パックの充填機を取り扱っています。紙パック用充填機の導入を検討している場合は、ぜひ有限会社ユウアイにお問い合わせください。

飲料用の充填機の導入を検討している方は有限会社ユウアイへ!飲料水や炭酸飲料の充填が可能!

飲料は、様々な容器が使われています。それぞれのメリットやデメリットをチェックしましょう。環境に優しいことから、紙パックが注目されてきています。

有限会社ユウアイでは、充填機など飲料設備の販売や施工、メンテナンスを行っています。飲料用充填機の導入を検討している場合は、ぜひ有限会社ユウアイにご相談ください。飲料水はもちろん、炭酸飲料やジュース、お茶などの充填が可能です。

飲料用充填機をお探しの方は有限会社ユウアイまで

会社名 有限会社 ユウアイ
代表取締役 米堂 一征
設立 1996年6月
住所 〒099-0622 北海道紋別郡遠軽町生田原安国245−14
TEL 0158-46-2550
FAX 050-3730-2959
URL https://yuaiinc.co.jp/
電話受付時間 9:00~17:00(月~金)
事業内容 充填設備、パッキング設備、包装設備の開発・製造・輸出入・販売・施工・メンテナンス資材の開発・製造・輸出入・販売